N8-house III- BOX の家

N8-house III- BOX の家 | 事例
N8-house III-BOXの家
長崎県大村市
設計|佐藤正彦 / アーキテクト憧
施工|ASJ佐賀西スタジオ[株式会社上山建設]

家族が安心して楽しめる住宅空間

プライバシーとセキュリティ性能を確保しつつ、家族が安心して楽しめる住宅空間をつくることをコンセプトに設計を進めました。 建物正面の縦シェードは水平さを強調し建物全体にリムを与え、夜になればまた異なる表情の変化を楽しむことができます。木を使ったあたたかな雰囲気のある玄関の空間を抜けると、大きなガラスの向こうには季節を感じることのできる中庭が出迎えます。この中庭はリビングに面しており、日々の生活の中でも移りゆく自然を感じることができます。
さらに中庭に面したリビングの反対側には、プライベートな庭を設けており、リビング、キッチン・ダイニングで囲まれるように配置しています。リビングは、2階分の天井高をとり、大きく開けられた開口部から室内に自然光を十分に内部にもたらします。 キッチン・ダイニング奥の階段横の収納の上は、中2階の書斎の机と一体となっており、 階段6段分の広い仕事机が階段横に現れます。

N8-house III- BOX の家 | 事例
N8-house III- BOX の家 | 事例
N8-house III- BOX の家 | 事例
N8-house III- BOX の家 | 事例

書斎の奥の階段を上った2階には、子供部屋と寝室を配置しています。 建物の裏側は建物正面から見る2階建ての外見とはまた異なる顔を持ち、中心である中2階の書斎の部屋の軒をブラックにすることで建物全体を引き締めます。 ファザードには2階の子供室、主寝室とリビング吹抜けの3つのボックスをつくり、室内は家族のコミュニケーションを取りやすくするために3層のステージで構成しています。
建物全体は自然を生活の中に取り込みつつ各部屋が独立しており、プライベートな空間も合わせ持つ配置計画となっています。
(佐藤正彦)

N8-house III- BOX の家 | 事例
【N8-house III- BOX の家】 在来軸組面剛性工法 地上2階
軒高 6,380mm  最高の高さ 7,380mm
敷地面積 495.93m2
建築面積 135.10m2 (建蔽率 27.24% 許容 60%)
延床面積 199.87m2 (容積率 40.30% 許容 200%)
撮影 石井紀久
建築家と施工会社のセレクションをはじめ、お客様のニーズを最適な形で実現できるようプロデュースします。
WEB登録して詳しい情報を入手する