富士宮の家/2×r21

富士宮の家/2×r21 | 事例
富士宮の家/2×r21
静岡県富士宮市
設計|庄司寛 / 庄司寛建築設計事務所
施工|ASJ三島スタジオ[株式会社池田工務店]

[ 2×r21 ……半径21 mのふたつの円弧]

ご夫婦と3 人の子供たちのための住宅である。コンクリート打ち放しにこだわりをもつご主人の要望から、基本構造フレームはRC造とし、コンクリートとガラスの素材感を生かした象徴的な建築デザインを目指すこととなった。
計画地は静岡県富士宮市。JR 富士宮駅から富士山方向に車で15 分ほどの場所にあり、駿河湾へとなだらかに下っていく富士山南山麓の傾斜地にある。敷地形状は緩やかにカーブする幅員4 mの道路を南側に抱えた異形三角形の地型で、北側にはクライアントのご 両親が居住する母屋や倉庫などが点在するロケーションであった。敷地からは間近に雄大な富士山を望み、駿河湾方向には遠く周辺の山々も垣間見ることができる。
計画では、母屋との関係性を重視しながら、コンクリートとガラスによるシャープな造形と共に、雄大な富士山に抱かれたこの土地のおおらかな風土に融合した鷹揚な佇まいを持つ建築を提案したいと考えた。

富士宮の家/2×r21 | 事例
富士宮の家/2×r21 | 事例
富士宮の家/2×r21 | 事例
富士宮の家/2×r21 | 事例

[ 2×r21 ……半径21 mのふたつの円弧]
この三角形の敷地上に半径21 mの交差するふたつの円弧をプロットし、その円の中心を結ぶ軸線上に円弧を跨ぐように台形平面+ 門型立面の住宅ヴォリュームをプログラムする。このふたつの円弧が重なり、その円弧上 に建てられた湾曲するコンクリート壁で囲まれたエリアは、シンボルツリー(イロハモミジ)が植えられた前庭や裏庭と共に家族のための空間を内包し、プライバシーが保たれた安定した居住性をこの住宅にもたらしている。またこの象徴的なコンクリート壁は、ガラスの素材感が際立つ門型の住宅ヴォリュームと一体となって、この建築の印象的な造形を創り上げる。
来訪者はプライベートエリアを守る円弧状の壁に沿って奥へ導かれ、高さ5mの扉を介して正面間近に雄大な富士山を望む玄関空間に入る。玄関ホールには表・裏の玄関を設けることで母屋へと通じる動線を確保し、その関係性を確立させた。
この象徴的なふたつの円弧が創り上げるデザインコンセプトが、敷地の持つ最大のコンテクストである雄大な風景と呼応し融合することで、この住宅にこの上ないおおらかな居心地の良さをもたらすと考えている。
(庄司寛)

富士宮の家/2×r21 | 事例
【富士宮の家/2×r21】 鉄筋コンクリート壁式構造 ベタ基礎 地上2階
軒高 5,517mm 最高の高さ 5,567mm
敷地面積 347.80m2
建築面積 80.35m2(建蔽率23.10% 許容50%)
延床面積 150.07m2(容積率43.15% 許容80%)
撮影 小川重雄
建築家と施工会社のセレクションをはじめ、お客様のニーズを最適な形で実現できるようプロデュースします。
WEB登録して詳しい情報を入手する